社会不適合者が有名ブロガーになるまで(仮)

目標:ブロガーになって仕事を辞める

性悪説?性善説?

生まれた時私たちは純粋だった

人と関わっていく事によって

余計な部分が付属したり

大事なものを手に入れたり

どっちにしたって純粋さが

その都度失われていく

 

年を重ねるごとに私たちは

不純物になってしまう

それなら人と関わらなければいい

でも、そんなことすれば社会からは

白い目で見られる

この時世、真の自分を持っている人間なんて

1パーセントもいないだろう

 

学校や職場というコミュニティに

無理矢理属させられ、白紙の自分が

良い色にも悪い色にも染められていく

人と関わらないで生きていけば

世間知らずな人間になるかもしれない

でもそれでいい

そのまま自分で生きるのが一番楽なのだから

 

 

 

 

社会不適合者が溶け込める場所

僕みたいなコミュ障、根暗、社会不適合者が溶け込める場所と言ったら、人が多く住む都会だと思います。一般的に社会不適合者は社会の中で悪目立ちしてしまうためコミュニティから排除されることが多いです。例えば、田舎の道端でコスプレしてる人を見たらどう思うでしょうか思うでしょうか。秋葉原、渋谷などでコスプレした人を見たらどう思うでしょうか。この理屈でいけば、都会で僕のような人が、どれだけいても、あーこういう人もいるんだなっていう感じでしか見られないのです。さらに、色々なタイプの人間が都会には存在するわけですから、似た属性の人が1つのコミュニティを形成していることもあります。そこで、本領発揮して、成功する人もいます。これは、少人数学級の中学、高校から、ある程度の人数がいる大学に進学すれば同じ事を感じると思います。今、自分を受け入れてくれる人がいなくても、どこかには自分を必要としている場所や人がいるはずです。

閉塞感

この社会は矛盾だらけ

なにが正解でなにが間違ってるのかわからない

だから自分の中に軸を持てと言われる

でも、誰かの一言で脆い軸は崩れてしまう

壊そうとしてくる人さえいる

本当に息苦しくどこにも行き場がない

 

いっそのこと革命起こしたい

あーそう言えば誰かが言ってたな...

革命は天国を建設することじゃなくて

地獄を破壊することだって...

本当にその通りだな

 

人生哲学

この壮大な地球の中

私は一人ぽつんと佇んでいる

いつからだろう

外から入ってくる車の音や虫の声に

何も感じなくなってしまった

忙しなくすぎる日常

言われた事だけをただ消化する

つまらない生活

 

これじゃ駄目だ

そう思いながら意味もない無駄な時間を

淡々と過ごしてしまう

まるで魂が抜けたような表情で

満員電車に乗り仕事場へ向かう

そして疲れた表情で居場所へ帰る

 

人間ってこんなにもつまらないものなのか

やりたいことなら山ほどあるのに

無駄な時間を人生の大半に費やす

それって本当に幸せ?

胸に手を当てて考えてみてほしい

世の中には、楽しい事や物、人が

地面にあちこちに転がっている

それを拾うか拾わないかによって

人生なんて大きく変わってくる

 

星空からの告げ

僕は間違っていないはず

利益ばかり求めるこの社会

人を陥れて満足する社会

他人の幸せを素直に喜べない社会

誰がこの社会を作りあげてきたの

哲学か政治か、それとも感性か

なんだ結局は人間じゃないか

 

昔の人間に聞いてみたい

人間を黒く染めたのは誰

底なしの欲望はいつからできたの

僕が幸せに生きれる場所はどこ

もう昔には戻る事はできない

助け合う事に喜びを感じていた時代

なんだ結局は自分のせいじゃないか

 

星空に問いかけてみた

人間って醜い存在なの?

君なら何もかも悟ってるはず

何が正解で何が不正解なの

問いかけても返事はない

ただ、キラキラと輝いて僕を見てる

でも、なんとなくわかった気がした

 

 

 

平凡人間製造機

 

平凡な人間ばかり作る事を目指し

非凡な人間を遠ざけていく

普通に卒業して普通に働く事が

本当に正しいのだろうか

最初はみんな変わっていた

はみ出た部分を枠に閉じ込め

つまらない人間ばかり製造してしまう

 

孤独である事が叩かれ

同調が正義であるという腐った世の中

一人ってそんなにいけないこと?

自由を奪われるだけじゃないか

いつからそうなってしまったの

少数派の人間を遠ざけ

価値のある人間だけが消えてしまう

 

人は皆ゴールを目指し

試行錯誤しながら突き進んでいく

一度立ち止まって考えてほしい

それって本当に自分の最終地点?

他人から影響を受けた回答なんて

何の当てにもならない

自分だけの真っ白なゴールへ向かって

 

 

 

 

 

どこの会社に行っても同じ←説得力皆無

どこに行っても同じ。これを若い上司(転職経験皆無)が言う説得力の無さは異常だと思う。人生経験豊豊富で転職回数が多いなベテランの上司が言うことならまだわかる。一つの会社しか勤めていない若い上司にこれを言われるのはちょっとどうかと思う。正直、業務内容も、するべき事は全然違うと思う。知り合いに同じ系統の職で働いている人に話を聞くが、業務内容の違いに驚く。ましてや、同じ会社ですら支店が違えばやる事はガラッと変わる。若くして、責任者になった人は、プライドが高く、部下に高い理想を求めている人が多いと思う。これが完全に私の偏見だが。